徒然なる戯言日記


by ryukthepresident
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

男女恋愛模様

恋をすれば人は美しくもなり、醜くもなる。
それは分かるのだが、どうも愛情が強すぎるのか、醜くなりすぎてしまう人が結構いるらしい。
つい最近久しぶりにそんな例を間近で見たので紹介。

職場恋愛をしていたカップルが破局。
職場恋愛についてどうこう抜かす気は更々無い。本人達が自粛して、周りが見てないトコロで気を抜いて、二人だけのアイコンタクト送っちゃたりなんかして大いに結構ですわ。見るからに幸せそうで何より。実際そういう環境に自分がいれば職場恋愛をしてみたいし、羨ましい限りです。

問題はその別れ方。
もう散々で端から見てても目に余る光景でした。
男の子が別れを切り出したが、女の子の方は別れたくなかったので、何度も引き下がった。
男の方は、これ以上関係を続けられないと思っていた為、断固拒否。結局、二人は別れた。

途端。
職場の空気を悪くしない様に、二人の関係は秘密だったハズなのに、職場の誰もが知っている状態に。
実際、俺の耳にも入ってくるくらいだからなぁ。まぁぶっちゃけ、何も言わなかったけど、俺は気付いてたけどね。
要するに、悲劇のヒロインになりたかった女の子が職場の女性ほぼ全員に相談しちゃったってワケ。女性陣に知れ渡ればオフィスの真ん中で秘密を叫ぶよりも迅速かつ確実に、情報は社内を駆け巡るからね。
しかもその内容の全てが、彼氏の人格否定する様なネタばかり。そりゃ付き合ってりゃ人間汚い部分は見えますよ。
心を開いてればガードを崩す事もありますよ?
それを分かっててソイツと一緒にいるんじゃないの?
大体、付き合ってるウチは、そんな部分も含めて愛してたんじゃないんですか?
それを、他人と共有して、しかもこき下ろして、何が楽しいのかね。社会性があるなら、せめて職場にそういう話を持ちこまない様にするべきじゃないですかね?
っつーか、愛してた人間をそこまで言える神経が分からない。
って~か、アンタ本当に彼のコトを愛していたのかぃ?
思わず聞きたくなってしまう程ひどい内容でしたね。

ちょっと考えれば、彼女の主観で言ってることで事実かどうかも判断し兼ねるし、そこから分かるのは、彼女がそういう事を平気で言えるデリカシーの無い人間であるということだけだ。

しかし、スキャンダルと言うのは不思議なもので、攻撃された方が『悪』なのだ。

当然である。先制攻撃を加える人間は主観による事実の歪曲が可能であるし、当然同情をてらって人にそういう話をする場合、間違いなく相手を悪にしたてる伏線を愚痴にたっぷり盛り込んでいるだろうから。

結局、言われてる男の子は言い訳もせず、最後まで沈黙を守ってた。彼女の汚い部分を露呈して応戦し同じ穴のムジナちゃんにはなりたくなかったのか、それとも言い訳するには疲れすぎていたのか、分からないけれど、俺はそれでよかったと思う。

要は言ったもの勝ちみたいな要素が社会にはあるわけよ。
世の中の皆様はこれを読んで、醜くなり過ぎない様に注意して頂ければ幸いです。
[PR]
# by ryukthepresident | 2006-02-15 20:53

ただいま

年末、小川負けたんで削除しときますわ(汗)
[PR]
# by ryukthepresident | 2006-01-02 22:23

そ~言えば

12月25日 有馬記念

今更こんなコト遅いのですが…
今年は勝たせていただきました。
と言ってもたかがしれていますがね。
1月のスノボ代くらいにはなったかな?

何にせよ、最後の最後にJRA銀行に預金してたお金を少しだけ下ろせたので良かった。
今年は預金のが多かった。

来年は今年の預金残高を利息をつけて下ろしていこう。

来年の抱負:競馬で100万円貯める!(笑)
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-12-29 11:58

どうやら

年末は実家に帰れそうな気配。

うーん。今年は何をしようか。
例年通り

カラオケ→ボーリング→ビリヤード→飲み→初日の出

っぽいノリになるのだろうが、なんかもう若さが無いなぁ。
みんなでこたつで年越しも良くなってきた・・(笑)

あーあ。帰れると決まった直後、想像していた正月を過ごすには若さが必要なことに気づく。
今年の日の出はどこ観ようかしら・・。

にゃは~。
寒いのヤだなぁ・・・。楽しみだけど
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-12-22 15:08

年末年始

年末年始合わせて休みが3日しかねーちゃ、どういうこっちゃ!

大好きな実家♪脳みそ溶ける実家♪バカばっかりな実家♪

あー実家に帰りたい・・・

帰れない時に分かる実家のありがたみ
帰れる時は帰る気起きねーのに…

んー、そんなもんなのだろうか

さればとて、墓に着物は着せられぬ・・・

アントレ行きてぇ…マジ帰りてぇ…!
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-12-08 22:35

クリスマス

キリスト教徒でもないのに、日本中が賑わう日。

日本の国民性の無さが露呈しているとは考えてはいけない。
なぜならば、それこそが日本人の国民性であるから。
他国の祭りなのに、自分のことの様に祝福し、恋人達はロマンチックな夜を過ごし、子供達は神の福音にあやかろうと、靴下を飾る。
自国の習慣でもないのに、(すでに習慣だけど)仕事うんぬんの理由でその日を恋人と共に祝福しないコトで、二人の仲に亀裂が走ったり走らなかったり・・
まして、神様そっちのけで25日にデートは競馬場でディープインパクトを応援なんぞもっての他。恋人は恋人同士、恋人らしく振舞わなければならないらしいですよ。

ちょいと話がそれたけれど・・

素晴らしいじゃないか。日本。
楽しいことは楽しい。宗教なんか関係ない。


まさに ノーボーダー国家。

バレンタインなんてのもね、
某チョコレート会社(女の子の横顔が可愛らしいです)の某敏腕社長が、バレンタインを利用してチョコを流行らせようという策略がツボにはまり、以来、日本人の伝統文化として、一年に一度学校にチョコレートを持ってくるのが許される日になったわけですよ。

今年も季節ごとのイベントにドキドキできるのは、我々の先達がノーボーダー、ハートトゥハートな精神を持っていたから、日本の国民性があったからこその賜物。

聖なる夜を過ごす時、胸に手をあてて考えてみよう・・。
将来子供が出来たときに、何歳まで「サンタさん」からプレゼントをあげるかを・・・。

追記 : 

余談だけれどサンタさんの服が赤いのは、サンタさんの正体を見破ろうとサンタさんを待って遅くまで起きていた子供の返り血・・・では無く、某清涼飲料会社の広告にサンタさんが出演しイメージカラーである赤い服を着るようになったのは有名な話。
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-12-08 21:22

4連休

周りの奴らとバーベキューをしに藤野に行った。
超久々の連休でかなり楽しかった。
これからは、連休を随所に盛り込んで充実したニートライフを送ろうと決意。

来月からは何をしようかしらん。
っていうか・・・クリスマスはどう過ごそうかね。
何かいいアイデアある人いたら教えて下され。
ご機嫌よう。
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-11-28 22:12

黒糖飴

終電も終バスも逃してしまい寂しい懐事情の中、やむなくタクシーに乗った時の話

冷えた手をこすりながらタクシーに乗り込むと・・

「お客さん。手ぇ出して」

何の前フリも無く、行き先を聞きもせずに「手を出せ」と言う運ちゃん。
あまりにも寒そうに手をこすっていたので、不憫に思ったのか、オッチャンの目は不敵に輝いていた。
オッチャンが俺の手をこすって暖めてくれている図をリアルに想像する俺。

オイオイ。気持ちはありがてぇが、そんなサービスいらねぇぞ?
と思いつつ、怖いもの見たさ(?)と好奇心でゆっくりと手を差し出す。
行き過ぎたサービス(笑)をされてしまった時のために、左手をオッチャンに預け、当然右拳はオッチャンに死角の場所で振りぬくだけの状態になっている。

どきどきしながら待っていると・・

「はい」

手に何か硬いものが乗っかり、オッチャンは俺の手を優しく閉じる。
手を開けると中には黒糖飴が三つ。

「俺は昭和39年からタクシーやってるんだけどね。俺のタクシーに乗ってくれたお客さんには必ず渡す様にしてるの。前までは煎餅だったんだけど、煎餅作ってる職人が死んじゃってね。それは沖縄で作られてる純正の黒糖のみを使った飴。寒いでしょ?体に良いから食べなさい」

まさか、タクシーの中で職人に出会えるとは思えなかった。
感動のあまり行き先を告げるのも忘れて、ただ口を開けていた俺に、絶妙なタイミングで行き先を尋ね、目的地に運んでくれたタクシーのオッチャン。

仕事に誇りを持ってやっている人達は、どんな職種でもそのサービスにおいて感動を与えられるんだと実感した話。

運転自体は、道路をまるで自分だけのモノかの様に走る「都内のタクシー」そのものだったけれど(笑)
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-11-19 16:30

ネタは無いけど・・・

秋は良いね。
何故かよく分からんが、四季の中で一番懐かしい匂いがする季節。
別段、秋に特別な思い出があるわけでも無いけれど。
過ごすだけで、なぜかめっちゃんこ切ないオセンチな気分にさせてくれる季節なのである。

せっかくのぐだぐだ更新なので、オチもグダグダで行かせて頂こう。

最近気づいた事

もみじ狩りって、秋の赤い葉っぱをたらふく掻き集めて来るものでは無く、秋の景色を楽しむものだと、今週のジャンプを読んで初めて知りました。
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-10-07 19:44

久々の更新

特に何もネタがないのだが、せっかくPCのある環境にいるので更新をしておこう。

最近部屋のイメチェンを行った。無二の貧乳(男)に手伝ってもらって不要なモノを捨てまくる。
一人ではあまり料理もしないのでホコリをかぶっていた食器類や食器棚も捨ててしまった。
捨てる前はもったいない病にとりつかれていたのだが、今ではモノがない生活が気持ちよくて仕方がない。

片付けてみて気づいたのだが、俺の部屋には音響機器とベッドしか必要が無いらしい。
というか、今はそれしか無いが、むしろ大変快適な生活を送っている。
ちなみに、テレビはあるが繋いで無い為見ることは無い。
使わないので現在捨てるか検討中。

なんか無趣味だなぁ・・。俺・・。
[PR]
# by ryukthepresident | 2005-09-28 22:23